PEZ(ペッツ)って



店主敬白
PEZ(ペッツ)って奥が深い!
ものすごーく深い!
ここではPEZ(ペッツ)の事をいろいろな参考書を読んだり、
今まで見てきた事を僕(店長)の目線でお伝えします。
間違っている事や、追加して欲しい所があればなんでも言ってくださいませ。




ディスペンサー
PEZ(ペッツ)そのものを指す言葉でもあります。キャンディー(ラムネ)を入れる世界的にコレクターの多いコレクションアイテム。



ヘッド   
ディスペンサーの上に付いている部分。多種多様な種類があります。
シリーズに付き、4~5種類、もしくはそれ以上ある場合もあります。



ステム(ボディ)   
キャンディーを入れる部分。ヘッドに対して、何種類もの色があるものもあります。
古いモデルにはPEZ(ペッツ)のロゴではなく、キャラクターが切り抜かれていたり(ダイカット)、メーカー名が印刷されていたりします。
※ダイカットPEZ(ペッツ)で有名な種類として、ミッキーやキャスパーなどがあります。


足   
製造年により足が付いていたり、なかったり、薄かったりします。
足は1987年にアメリカで発売されたモデルより付き始めました。
付き始めた当初は現在のものよりも薄く、「薄足」と呼ばれています。
それと対象として「厚足」と呼ばれる現在のモデルの2種類があります。
現在のモデルは限定PEZ(ペッツ)やレギュラーPEZ(ペッツ)を除き、すべてが「厚足」のため、あえて「厚足」と呼ばれる事は少なくなってきました。



W/F(足付き)
現在の「厚足」モデルの呼び方。With Feet、もしくはWith Footの略。
パテントに関係なく足が付いている場合もあります。2.6でも足付きは存在します。



Thin/Feet   
「薄足」の英語表記。Thin Feetとも表記されます。



N/F   
1987年以前のモデルの足の付いていないPEZ(ペッツ)。No Foot(No Feet)の略。
オールドPEZ(ペッツ)と呼ばれるほとんどはこれです。



ボタン   
ヘッドを後ろへ倒したときに見える、インナー上部に付いている部品の名前。
様々な色、赤やオレンジ、白などがありますが、古いPEZ(ペッツ)には四角い形のものが付いています。
現在は楕円型のボタンが使われています。



キッカー   
もしくはプッシャーと呼ばれる、キャンディーを押し出す「爪」の部分の名前。



スプリング(ヘッド)   
ヘッドを倒した際、もとに戻そうとするスプリング。
古いものはスティールピンが使われています。その後、プラスティックの1枚バネ、4枚バネと進化を遂げます。
現在は4枚バネです。



インナーケース   
スリーブとも呼ばれます。キャンディーを収納するステムの中にある入れ物。インナーケースの下にスプリングが入っています。
このスプリングでもとのステムに戻ります。汚くなったからといって、水で洗ったりするとこのスプリングが錆びてしまいます。
モデルによっていろいろな色があります。
現在はキャンディーを入れやすくするため、インナーケースを引き出した時にロックされるようになっています。





パテントナンバー   
ステムに刻印されているナンバーの事。
この数字で製造されたおおよその年代をしることができます。ほとんどが刻印されていますが、まれに印刷(プリント)されている場合もあります。
ステムに刻印されたパテントナンバーは以下の通りです。
この他にもペッツ社が取得したパテントはたくさんあります。

2.620.061    1952~1968
3.370.746    キャンディーシューター及びPEZガンのみにつけられたパテントナンバー
3.410.455    1968~1974
3.845.882    1974~1976
3.942.683    1976~1990
4.966.305    1990~1999
5.984.285 1999~2012
7.523.841 2012~現在
 

 


DBP
ドイツでつけられたナンバーの事。「Deutches Bundes Patent」の略。ナンバ−は818.829です。1980年代のはじめまでつけられていました。

パテントナンバーはディスペンサーなどに変更点があった場合に新しくなります。
ですので、2~3年は若干ずれている場合もあります。



IMCナンバー   
ステムに刻印されている数字の事。Injection Mold Codeの略。生産国を示しています。また、すべてのディスペンサーについているものではありません。

   Austria/Hungary
   Austria/Hong Kong
3    Austria/Hungary
   Austria
   Yogoslavia/Slovenia
6    Hong Kong/China
7    Hong Kong/Austria/Czech Republic
8    Austria
   U.S.A
   Yogoslavia  1993年以降はSlovenia




クラック  
ステムやヘッドにある亀裂や割れてしまった部分の事。
古いモデルでダイカットと呼ばれる切り抜きのステムやヘッドに見られたりします。



メルト   
古いモデルにおこるステムの材質にセルロイドを多く含むプラスティックが溶けてしまう現象の事。
詳しい原因を記述しているものが少ないのですが、水分との化学変化でセルロイドが変質するためにおこるといわれています。
また、直接、熱によって溶けてしまっている事もあります。
その他にはゴムと触れ合っている場合にもおこると言われています。
現在のPEZ(ペッツ)には起こりにくいとされています。



キャンディーメルト   
ヨーロッパで生産されたキャンディーが経年劣化、もしくは水分を含む事により溶けてしまう現象。
後述する「シュリンクパック」と呼ばれるパッケージ方法によく見られる現象。
レモン味から溶け始めます。溶け始めると止まらず、ディスペンサーなどに付着したりするので、思い切ってあけてしまった方がいいかも・・・
アメリカのキャンディーは溶けませんが、粉状に崩れていきます。



M.I.B   
Mint In Bagの略。袋入りのPEZの事。一度も開封されていないバッグに入ったPEZの略。古いタイプはセロファン、現在はポリバッグに入っています。



M.I.C   
特に古いタイプのセロファンに入ったバッグのPEZ(ペッツ)の略。Mint In Cero。
何も書かれていない透明のバッグに入っています。



M.O.C   
Mint On Cardの略。カードの上に乗ったパッケージが未開封のPEZ(ペッツ)の事。



M.O.M.C   
Mint On Mint Cardの略。中身もカードも新品のPEZ(ペッツ)の事。この用語、あまり使われません。



ブリスターパック   
カードの上にプラスティックのカバーでPEZ(ペッツ)が封入されているパッケージの事。



シュリンクパック   
カードの上にラップ状に圧縮パックされているパッケージの事。現在では生産されていません。
ヨーロッパ、カナダで販売されていたパック。



バブルパック   
森永パッケージとも呼ばれています。日本のスーパーなどで見かける事の多いパッケージ。
以前は日本だけでなく、スペインなどでも販売されていたようです。
現在はヨーロッパの各地方で稀に発売されているようです。(2009年現在)


ルーズ   
PEZ(ペッツ)ディスペンサー単体のみの事。



ヘッダーカード   
バッグスのディスペンサーを陳列する際に箱の後ろに差し込んだカードの事。
現在は使われていません。



インサート   
PEZ(ペッツ)と一緒に入っている通販用の用紙やシールなどの総称。
現在はキャンディーが8本入ったキャンディーパックなどでシール入りを見かける事ができます。



ミント   
総じて「新品」を意味します。



フロアシッパー   
店頭に陳列するための大きな什器の事。主に140本ほどはいる大きな陳列棚の事を指します。



森永バッグ   
1997年2月まで日本で発売されていたストライプのバッグ。ヨーロッパでのストライプバッグとは縦の長さが違いました。



アソート   
箱に入っているPEZ(ペッツ)の種類が混載されている事。
もともと子供用のPEZ(ペッツ)のため、人気のあるない等でアソート率が違ってきます。
ヨーロッパなどのではこのアソート率がほぼ決められている時期もあり、人気のない種類は8%となっていました。
24本入りのなかだと2本という事になります。
ヨーロッパでのボックスは1997年頃まで36本入のボックスが使用されていました。現在は24本入りです。
アメリカのボックスは6本の箱が12箱入った大きな箱で72本入りです。アメリカのアソート率は決められていないようで、多い少ないはありましたが、まちまちです。
森永は12本入のアソートで、シリーズごとに入っている本数が決められていますが、種類ではなくシリーズですので、あいまいです。




ボディーパーツ   
ディスペンサーにつけるための体のパーツ。
ボディーパーツは大きく分けると14種類。
そのほかに、ARALなどのガスステーションのPEZ(ペッツ)などの専用のボディーパーツもあります。
このボディーパーツが発売されると同時にステムの裏側上部にボディーパーツをかけるパーツが付きました。
ロシアでのみ発売されたボディーパーツや、キャラクター専用のボディーパーツもありました。
また、森永PEZ(ペッツ)では過去に紙製のボディーパーツがおまけでついた事もあります。


ダブルカード   
ボディーパーツとディスペンサーがいっしょにパックされた大きめなカードの事。



トランスペアレント   
ステムがインナーケースやスプリングが透けているPEZ(ペッツ)の事。



MMM
メリーミュージックメーカーの略。笛付きPEZ(ペッツ)の事。吹くとたいてい「ベー」というかわいらしい音が出ます。



レギュラーPEZ(ペッツ)   
ディスペンサーができた一番初期の形のPEZ(ペッツ)。現在まで発売され続けています。

 

森永ペッツ 
森永製菓株式会社

日本にPEZ(ペッツ)をもたらしてくれた会社。
森永製菓さんがなかったら、きっと僕は集めていなかったでしょう!
ありがとうございます!
PEZ A GO GOなどの日本のPEZイベントでも協賛をして頂きました。



PEZ社 (ペッツ社)  
こちらが本家本元!
2004年に新しい社長が就任してからはさまざまな新しい試みが行われています。
例えば、2006年には今まで形にならなかった実在の人物のPEZを発売したり・・・。
これからが楽しみですね!



eBay   
いわずと知れた世界最大のオークションサイトですが、PEZと深い関係があります。
なんと、PEZコレクターが自分たちの求めるPEZを売買するために始まったのです。

 


いかがでしょうか?
順次、画像など交えてもっと分かりやすくしていきたいと思っています。
ご参考になれば幸いです。